【24才独学合格】若手中小企業診断士の行動と苦悩

24才中小企業診断士の行動と苦悩等書きます。誰かに行動を起こす勇気を与えられたら嬉しいな。笑

中小企業診断士を目指した理由やら

こんばんは。メンタルブレイカーろいです。笑


私の読者はおっちゃんだと思っております。

生意気だが愛を込めておっちゃんと呼ぶことにしております。



さて、今回は中小企業診断士を目指した理由です。

①経営について学びたかったから。

いつかチャンスが来た時に知識がないから諦める的なことは嫌だったんだな〜神様は前髪しかないとかいうし。笑


②独立できる可能性があったから。

やらされ仕事じゃないことをやってみたい欲が強いんだな〜でもビビリだから独占業務がある国家資格も勉強しておる。笑


③いつか子供がサービス残業とか将来に希望持てず輝いていない時に「辞めるな、社会人はそんなもん」的なことを言わなくてよいから。

頑張ったらいい事もあるかもよ、雇われるだけが人生じゃないよ〜的なことを言ってあげたいんだな〜しかし現在私が不安とかでやられちまいそうだ。笑


上記をモチベーションにして、そして、

圧倒的な幸運で中小企業診断士に独学、1度目に合格することが出来た。

…二次試験のふぞろいテキスト内にストレート合格生が合格した要因を誇らしく述べていたが、私は運の要素が強いと思っておる。笑


運について私が考えたストーリー的なやーつ。

「ある2人のミュージシャンがおりました。

Aは毎日継続して努力している。

Bは女をたぶらかし現状に甘んじている。

2人とも定期的に路上ライブをしている。

2人の演奏を奇跡的に偶然に通りかかった有名プロデューサーが聴き、Aに声をかけ、Aは売れた。

この場合、Bは運が悪かったのか?」


運についてたまに考えるのである。。


ともかく目標に少し近づけたわけである。

これからも頑張るである。


今日1日おつかれさまです、おっちゃん!!!

私に優しさ振りまいてくれてもよいんやで〜笑



↓押さへんとかある?笑

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。